スターゼンは小動き、ウォーターフロント再開発の思惑も

 スターゼン<8043.T>が小動き。週足では三角もち合いを煮詰める日柄となっている。同社は、食肉卸首位で食肉関連の中核的存在。品川駅港南口に本社があることから、ウォーターフロント再開発材料の思惑に乗る切り口もある。「急騰した東都水産<8038.T>の買い手掛かりが築地に拠点を置く水産荷受けなら、同社はウォーターフロント近辺に拠点を置く食肉卸首位企業。物色対象として遜色はないのではないか」(市場関係者)との声も出ている。14年3月期は大幅増益転換の見通しにあることや、PBR0.7倍台という手掛けやすいバリュエーション、2.6%の配当利回りも支援材料となる。

スターゼンの株価は13時4分現在266円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)