日立が小幅反落、中期計画に沿った本社改革発表も利益確定売り優勢に

 日立製作所<6501.T>が小幅反落。19日に中期計画に沿った本社改革を発表したが、前日まで7日続伸し、直近安値から約14%上昇していたことから当面の利益を確定する売りが優勢になっている。本社改革のなかでは10月1日付で18ある本社の本部を10に削減、本社人員を約1800人から約600人に減らす一方、グローバル経営戦略を立案、推進するグループ・コーポレート部門を本社機能の中核として機能や役割を明確化。国内外のグループ全体で戦略的に事業を拡大していく。

日立の株価は13時30分現在659円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)