アートスパークはもみ合い、中段煮詰まり上放れの兆し

 アートスパークホールディングス<3663.T>が前日比強含みもみ合い。チャートは5日移動平均線に収れんする形で中段煮詰まっており上放れの兆しがある。デジタル関連機器のソフト開発が主力で、電子書籍閲覧ソフトも手掛ける。ソフトウェアのライセンス収入拡大で業績は前期の最終赤字から今期は脱却する見込みにある。8月初旬に連日のストップ高を交えて急騰し、株価を倍化させた経緯があるだけに短期筋の注目を集めているようだ。

アートスパークの株価は13時35分現在418円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)