沖縄電が安い、電気料金引き下げ報道を嫌気

 沖縄電力<9511.T>が安い。20日の日本経済新聞が同社と九州電力<9508.T>について「電気料金に反映する燃料費調整(燃調)制度に基づき、11月の料金を引き下げる見通し」と報じたことが嫌気されている。標準的な家庭(月間使用量300キロワット時)の場合、九電は10月比35円程度安い7155円程度、沖縄電は25円強安い8055円弱になる見込み。値下げは九電が2カ月連続、沖縄電が3カ月連続と伝えており、収益への影響が懸念された。

沖縄電の株価は13時45分現在3410円(▼35円)
九州電の株価は13時45分現在1391円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)