トッパンフォが続伸、蓄光機能付きLEDサイン開発を材料視

 トッパン・フォームズ<7862.T>が続伸し年初来高値を更新。19日に光関連製品開発・製造のトライテラス(東京都千代田区)と電子部品販売のジェスコ(東京都千代田区)と共同で、蓄光機能付きLEDサイン「ア テラス」を開発し10月上旬から販売を開始すると発表したことを材料視する買いが入っているもよう。「ア テラス」は蓄光素材とLED、導光板などを組み合わせた、蓄光色が表面に現れない薄型サイン。LED点灯時にパネル面は白色発光し、表面に施すデザインフィルムの意匠性を損なわないことから、通常は地下街や建物内部で電飾サインとして使用し、停電時は蓄光によってパネルが約7時間光り続ける特徴を持っている。同社では商業施設や公共施設向けに16年までに10億円の売り上げを目指すとしており、業績への寄与が期待されている。

トッパンフォの株価は13時46分現在972円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)