王将フードが後場一時マイナスに転じる、14年3月期業績予想を下方修正で

 王将フードサービス<9936.T>が後場一時マイナスに転じている。午後1時ごろに14年3月期の連結業績見通しを、従来予想の売上高784億2700万円、経常利益88億4900万円から、売上高768億700万円(前期比3.3%増)、経常利益82億9500万円(同8.6%減)に下方修正したことを嫌気した売りに押された。既存店の活性化が十分に奏功せずに、天候不順の影響もあって客数が伸び悩み売上高が当初予想を下回ったほか、来店促進のための販促費の増加や光熱費の高騰などによる経費の増加が利益を圧迫したという。ただし、月次動向などから下方修正は予想されていたとの見方もあり、材料出尽くし感からの買いも入っているようだ。

王将フードの株価は13時50分現在3315円(△45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)