ワコムが続急伸で1000円台回復、為替想定から増額濃厚

 ワコム<6727.T>が5日続伸で一時4ケタ大台回復と上昇歩調を強めている。ペン入力のタブレット端末で世界トップシェアを誇るが、スマートフォンの出荷増勢に加えタブレット端末の普及加速が業績拡大を加速させている。スマートフォン向けペンの出荷数量は足もと会社の想定以上に好調だが、中期的にみてもタッチパネルの市場規模はスマホとタブレットの需要拡大を背景に14年度に4兆円弱に達するとの試算もあり、同社へのフォローウインドは強い。為替前提も会社側想定は1ドル=90円と厳しくみており、会社側が予想する今3月期最終利益73億7000万円(前期比54%増)は増額修正される可能性が高まっている。

ワコムの株価は13時57分現在998円(△52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)