板硝子が動意、ユーロ高進行が短期筋の買い誘う

 日本板硝子<5202.T>が動意。株価は6月27日に83円で底値を確認してからは下値切り上げ波動を継続してきたが、9月初旬以降は25日移動平均線との上方カイ離を広げるなど上げ足を強めている。同社は英ピルキントン社を買収を契機に、欧州向け売上依存比率が4割弱に達しており、足もと為替市場でのユーロ急伸の流れが、輸出採算の改善期待から短期筋の買いに反映されている。

板硝子の株価は14時18分現在124円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)