富士製薬が4日続伸、野村証券は「ニュートラル」継続、目標株価は1680円に引き上げ

 富士製薬<4554.T>が4日続伸。野村証券では19日付で、投資判断「ニュートラル」を継続、目標株価は1300円から1680円に引き上げている。同証券では、急性期医療の売上高が想定を下回るほか、設備投資に伴う費用増が想定を大幅に上回ることから短期業績見通しを下方修正。半面、抗がん剤やG-CSF製剤バイオシミラーの足もとの業績が想定を上回ることから、中長期業績見通しを引き上げ、目標株価も1680円に引き上げている。最大のカタリストとして、14年4月で外来での注射剤GE普及が促進されることを挙げている。「外来でのGE使用が促進されれば、造影剤GEでは70%強の数量シェアを占める同社には大きなチャンスとなろう」としている。

富士製薬の株価は14時14分現在1778円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)