太平洋セメが4日続伸、増額期待でジリ高続く

 太平洋セメント<5233.T>が4日続伸、9月10日に上ヒゲでつけた年初来高値434円を再び視界に捉えてきた。東京五輪開催に伴う社会インフラ再整備は、セメント需要の増勢につながっていく。また、海外では米国の住宅市況の回復などで北米向けセメント需要も回復傾向にあり、今3月期経常利益は会社側見込みの400億円(前期比22.4%増)から大きく上乗せされる可能性が指摘されている。ここ信用買い残が膨らんでおり、上値の重さも意識されるが、下値に買いも厚くジリ高歩調を継続している

太平洋セメの株価は14時49分現在421円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)