オークワが14年2月期業績予想を下方修正、記録的な猛暑などで既存店売上高落ち込む

 オークワ<8217.T>がこの日の取引終了後、14年2月期の連結業績見通しを、従来予想の売上高3029億円、経常利益61億円から、売上高2930億円(前期比1.6%減)、経常利益42億円(同24.2%減)に下方修正した。記録的な猛暑や顧客の節約志向から既存店売上高が前年同期比4.1%減と落ち込んだことに加えて、水道光熱費の増加などで販管費が膨らんだことが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)