セガサミーHDが9月中間期業績予想を下方修正、遊技機事業の販売計画未達が要因

 セガサミーホールディングス<6460.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)の連結業績見通しを、従来予想の売上高1980億円、経常利益170億円から、売上高1610億円(前年同期比17.9%増)、経常利益110億円(同50.8%増)に下方修正した。遊戯機事業において政策的に一部製品の販売スケジュールを下期へ見直したことから、上期の販売台数がパチスロ遊技機、パチンコ遊技機ともに従来予想を下回ったことが要因。一方で、コンシューマ事業は「ファンタシースターオンライン2」やスマートフォン向けアプリ「ぷよぷよ!!クエスト」などが好調だったが、遊技機事業の計画未達分を補うまでには至らなかった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)