【レンジ推移】押し目買いを狙いたいのですが・・・。  OANDA Japan 佐藤 甲

【予想レンジ】99.00 - 99.60 【予想時刻】2013年9月20日 18:00
昨日は筆者の予想はアッサリと外れFOMCでの下押し分を飲み込みFOMC前の水準を超えるところまでグイグイと上昇しました。米経済指標は全て市場予想よりも強い内容、クロス円も絶好調となり、99円台中盤での推移となりました。本日アジア時間は反動で上値の重い推移となりましたが、リスク材料をある程度こなしたことや、テクニカル的には強い上昇を示していることなどから、円安地合いを否定するものではないので押し目買いを狙いたいところなのですが、本日は週末ということもありレンジ内での推移となると予想します。
週末要因にご用心!
円安地合いであることは間違いないと思われますが、週末日曜日にドイツの議会選挙を控えていること、日本が3連休となることなどから動きにくく、また、ポジション調整も入りやすい状態となることから、方向感がつかみにくくなる可能性があります。
今夜の注目材料
今夜はアメリカの経済指標の予定はありませんが、米国要人のコメント機会が多数予定されています。特に投票権のある方のコメントに相場が反応する可能性がありますので注意が必要です。

今夜のドル円注目材料  
20:00 ブラード米セントルイス連銀総裁(投票権あり)TV出演
翌1:30 ジョージ米カンザスシティ連銀総裁(投票権あり)講演
翌1:40 タルーロFRB理事(投票権あり)講演
翌1:55 ブラード米セントルイス連銀総裁(投票権あり)講演
翌2:45 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁(投票権なし)講演
【参考データ】OANDAグループの顧客の取引状況
OANDAグループの顧客のオーダー状況は99.50~100.50にかけて厚めに売りオーダーが並んでいる状況で上値を重くしそうです。また、下はFOMC以降上下したことにより掃除され、99.00、98.50、98.00を中心に薄めに買いオーダーが並んでいます。ポジション比率は昨日とほぼ変化なく買いポジションが65%と少し優勢になっていますが大きく偏っているというほどでもないと思われます。