今夜は要人発言をチェック!iOS7へのアップデートも要注意!

個人投資家の予想レンジ(ドル円)
個人投資家予想レンジ(ドル円)
98.41円(前日終値)~99.41円(心理的節目)

現在のレートは99.52(21:02)です。

ドル円は昨夜の経済指標のサプライズ結果に大いに賑わいましたが、さすがに小休止というところでしょうか。

個人投資家の方もちょっと落ち着きたいと思って相場を見ている人「みんなの外為」でも散見されます。
<今夜はどうなる?>目立った経済指標はナシ。要人発言が攻めてくる!
今夜は目立った経済指標がないので、やっと一息つける・・・と思いきや、要人発言で相場が大きく動くかもしれません。

米国地区連銀総裁の講演がありますので、忘れずにチェックしておきたいところです。

20時00分
「ブラード・セントルイス連銀総裁のTV出演」
 →縮小見送りか小幅縮小かの判断は境界線上にあった。 などの発言あり。

25時30分
「ジョージ・カンザスシティ連銀の講演」

25時40分
「タルーロFRB理事の講演」

25時55分
「ブラード・セントルイス連銀の講演」

ここでの発言もまた、10月のFOMCに向けてのドルの変動要因となることは高いでしょう。

全員投票権がありますし、NYダウがの動きが鈍かったり、ドル円が膠着状態の材料難となれば、利益確定で相場が動くキッカケとなるかもしれません。

日曜日にドイツの選挙がありますが、メルケル氏再選はほぼ確実視されているようですね。ユーロに対する影響はサプライズがない限り限定的かと思われます。

まずは、サマーズショックとFOMCショックにも負けずに上昇してきたドル円を信じて、99.20円付近のレジスタンスを目安に押し目買いといきたいところです。

3連休天気も良さそうなので、秋の夜長を楽しみましょう!昨日から本当に月がキレイですね。iPhone5Sも発売開始されましたので、週末にiOS7へのアップデートをお考えの方は月曜日のトレードに支障がないか確認してから実施しましょう!

それでは、Have a nice trade!