ニッカトーが軟調、14年3月期業績減額修正と減配を嫌気

 ニッカトー<5367.T>が軟調。株価は一時、前週末比16円安い420円まで売られている。同社は20日、14年3月期通期の業績予想(単独ベース)の減額修正を発表しており、これを嫌気する売りが優勢となった。売り上げが従来想定を大きく下回っているほか、原燃料の値上げなどによるコストアップ要因を背景に最終利益は5億8000万円から1億8000万円(同27.1%減)に下方修正している。PBRが0.6倍前後と指標面からは底値を示唆しているが、中間期および期末に予定している配当を従来予想から引き下げ、中間期は7円から5円に、期末も7円から5円にそれぞれ減額(年間合計では14円から10円に減額)したこともあって見切り売りを誘っている。

ニッカトーの株価は10時9分現在430円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)