センコーが反発、アストとの資本業務提携を好感

 センコー<9069.T>が反発。20日大引け後にアスト(大阪市中央区)と資本業務提携を行うことを発表したことが好感されている。アストは国内最大規模の家庭紙専門商社として、家庭用及び業務用の紙製品を中心に、全国的なネットワークで、商品開発から調達・物流・販売までを一貫して行っている。今回の提携に伴いアスト株式の過半数を取得する方針。
 アストは「工場を持たないメーカー」として、取引企業と共同で新製品開発を行うなど、製造と量販・小売店への商流及び物流の直納入ができることが強みとなっている。同社の持つ量販・小売分野の物流ノウハウと、アストの持つ小売業界などへの販売力を一体化させて、商品の企画・調達からエンドユーザー配送までワンストップの商流・物流一体型のビジネスモデルを構築していく方針。

センコーの株価は10時4分現在501円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)