清水建がしっかり、リンゴ酸による放射性物質除去技術開発と報じられる

 清水建設<1803.T>がしっかり。24日の日本経済新聞が「道路などに付着したセシウムなどの放射性物質を効率良く取り除く技術を開発した」と報じている。リンゴ酸を液体に混ぜてコンクリート構造物の表面に散布すると、細かな隙間にも浸透し従来の高圧洗浄の2倍超の効果が得られる。新たな除染技術として国に採用を働きかけると伝えており、実用化へ期待が高まった。ただ、10日に年初来高値536円を付けており、利益確定売りが上値を抑えている。

清水建の株価は10時48分現在496円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)