カナモトが安い、公募増資による希薄化を懸念

 カナモト<9678.T>が安い。20日に公募増資を発表しており、1株当たり利益の希薄化を懸念した売りが出ている。株価は、一時、前週末に比べ168円安の2629円まで売られたが、売り一巡後は買いが流入し下げ幅を縮小している。280万株の公募増資と上限42万株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。公募増資による調達資金は約79億円で、建機レンタル用資産の取得にかかわる割賦債務の返済資金に充てる。発行価格は10月2日から8日のいずれかの日に決定する。

カナモトの株価は10時49分現在2749円(▼48円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)