武田が4日続伸、肥満症治療剤の日本における製造販売承認取得を好感

 武田薬品工業<4502.T>が4日続伸。前週末20日引け後に、肥満症治療剤「オブリーン錠120ミリグラム」について、厚生労働省より製造販売承認を取得したと発表しており、これを好感する買いが入っている。「オブリーン」は、英アリザイム・セラピューティクス者の創製したリバーゼ阻害剤で、消化管およびすい臓から分泌される脂肪の分解酵素であるリパーゼを阻害し、消化管からの脂質の吸収を抑制することで体重を減少させるとともに、内臓脂肪を減少させ、各種の生活習慣病パラメータを改善する効果がある。なお、武田では、2003年に日本における開発および販売権を取得し、開発を進めていた。

武田の株価は11時7分現在4800円(△700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)