品川リフラクトリーは動意含み、鉄鋼株上昇に追随

 品川リフラクトリーズ<5351.T>が商い増勢のなか、上値慕いの動きをみせている。「株価が低位に放置され、PER6倍近辺、PBR0.5倍台と格安であることに目をつけた短期資金の買いが観測されている」(中堅証券営業体)という。同社は総合耐火物の国内トップメーカーで鉄鋼株との連動性が高い。ここ大手高炉株が業績回復を評価する買いに上値追い基調を強めるなかで同社株にも物色の矛先が向かいやすい。土地含みも豊富で、今期は営業利益減益見通しながら、土地売却による特別利益計上で最終は24%増益見込み。これまで市場の注目度が薄かった分だけ信用買い残もそれほど積み上がっておらず、テクニカル面では13週・26週線のゴールデンクロス示現が近い。

品川リフラクトリーの株価は11時30分現在223円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)