CVSベイが最高値圏をまい進、東京五輪も追い風に

 シー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687.T>は前週末のストップ高の余勢を駆って、きょうも続急騰となっている。株式分割後修正値で過去最高値圏を突き進む展開だ。仕手材料株として注目度は高く、信用取組も拮抗、信用倍率1.23倍と需給妙味を内包している。業績面でも2020年オリンピック開催地が東京に決まったことで、千葉・東京湾岸をテリトリーとする同社店舗へのフォローウインドが意識されている。サンクスからローソンのフランチャイズに全店転換して展開力が増しており、14年2月期は営業、経常、最終損益ともに黒字転換が見込まれる。

CVSベイの株価は12時34分現在363円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)