ガンホーが冴えない、ゲームショウ閉幕で短期的な材料出尽くし感強まる

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>が冴えない。19日から幕張メッセ(千葉市)で開かれていた「東京ゲームショウ2013」が22日閉幕したことで、短期的な材料出尽くし感が強まっているもよう。「ゲームショウ」で「ディバインゲート」に関する重大発表があるとして思惑を呼んでいたが、Android版の9月30日からの配信などの発表で、一部には期待外れとの見方もある。
 また、この日は、クルーズ<2138.T>、enish<3667.T>、コロプラ<3668.T>なども下落。ゲームショウに出展していない企業もあるが、今回のゲームショウは据え置き型ゲームの新モデルに関心が高く、ソーシャルゲーム関連への注目が弱かったとの見方もあり、これらの銘柄の売りにつながっているようだ。

ガンホーの株価は13時49分現在8万300円(▼900円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)