LIXILが軟化、独グローエ買収で最終調整と報じられ資金負担増を懸念

 LIXILグループ<5938.T>が軟調。日経速報ニュースなどが、ドイツの住設機器大手グローエを約4000億円で買収することで最終調整に入ったと報じており、資金負担増などを懸念した売りに押される展開となっている。記事によると、日本政策投資銀行と共に株主の米投資ファンドなどから株式を取得し、負債も引き継ぐとしているが、同社は8月にも米国の衛生陶器最大手を買収しているほか、シャープ<6753.T>との資本業務提携も発表しており、財務状況の悪化が懸念されているようだ。

LIXILの株価は14時28分現在2041円(▼140円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)