京王ズやネプロなど携帯販売会社が堅調、iPhone出足好調が伝えられる

 京王ズホールディングス<3731.T>やネプロジャパン<9421.T>など携帯販売各社に値上がりするものが目立つ。米アップルが23日、新型「iPhone」の「5s」と「5c」の販売台数が発売から3日間で900万台を超えたと発表したことを材料視。携帯販売各社においても新型「iPhone」効果による業績寄与が期待されている。なお、アップルでは11年10月に「iPhone4S」を発売した際には最初の3日間で400万台以上を販売と発表。また、12年9月に「5」を発売した際は500万台以上と発表しており、「5s」と「5c」の出足好調は際立っているといえそうだ。

京王ズの株価は14時37分現在338円(△5円)
ネプロの株価は14時37分現在6万5200円(△1100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)