武田薬品の2糖尿病治療剤がECより承認

 武田薬品工業<4502 .T>はこの日、大引け後に2糖尿病治療剤Vipidia(一般名・アログリプチン)とVipdomet(アログリプチンとメトホルミン塩酸塩の合剤)、およびIncresync(アログリプチンとピオグリタゾン塩酸塩の合剤)について既存薬で効果不十分な場合の成人2型糖尿病剤として欧州員会(EC)より販売承認を得たことを発表した。この3製品の申請は1万1000名以上を対象とする臨床試験(最長4年間投与)などから得られた中間解析データに基づいて提出されたもの。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)