ミネベアが続急伸、9月中間期営業益6割増と報じられる、自動車向け軸受けが牽引と

 ミネベア<6479.T>が続急伸。きょう付の日本経済新聞で、第2四半期累計(4~9月)の連結営業利益が前年同期より約6割増え、120億円程度になる見通しだと報じられたことを材料視。同社では7月末に上方修正を発表し第2四半期累計の営業利益68億円から100億円に引き上げたが、これをさらに20億円上回るとの観測。記事によると、自動車や事務機器などに使う精密軸受けの販売が伸びるほか、航空機向けの好調も寄与するという。また、生産拠点のあるタイの通貨下落で採算も改善するとしており、14年3月期通期予想に関しても上振れが期待されている。

ミネベアの株価は9時12分現在510円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)