宝HLDが反落、英国の日本食材輸入卸会社の経営権取得も上値は買い手控え

 宝ホールディングス<2531.T>が反落。24日取引終了後に連結子会社の宝酒造が、英国の日本食材輸入卸会社タザキフーズ社の経営権を取得したと発表したが、直近安値から約10%上昇していたことから上値は買い手控えられた。19日付でタザキフーズ社の全株式を所有する持株会社ティー・タザキ社の全株式を宝酒造の全額出資子会社の宝ヨーロッパホールディングスを通じて取得。タザキフーズ社は英国各地の日本食レストランや小売店に米などの日本食材や日本酒、調味料などを販売しており、同社グループとも15年以上取引している。今回、タザキフーズ社を傘下に収めることで、世界の日本食材輸入卸ネットワークと日本食材輸入卸会社間の協業による一層の事業拡大を目指す。

宝HLDの株価は9時48分現在875円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)