<前場の注目銘柄>=藤森工業、偏光板用フィルムが伸長

 藤森工業<7917.T>は目先調整一巡から上値追い基調を再度強めよう。

 樹脂包装材の大手メーカーだが、出荷増勢が続くスマートフォン向けに世界トップシェアを誇る偏光板用保護フィルムなどが高い伸びを示しており、成長が加速している。

 今14年3月期業績は前期比18.2%営業増益の70億円予想と好調だが、スマホ向け電子材料の伸長が利益を牽引し、一段の増額が濃厚とみられる。また、前期に15円増配の43円と株主還元姿勢を強めたが、今期は創立100周年記念配当を合わせて56円配当が予想され、これも買いを誘う材料となる。

 自己資本比率は54%と財務面も安定、PER12倍台と割安な点も株高を支援する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)