電通は小幅続落も底堅い、トリオ社買収による中国での事業展開に期待

 電通<4324.T>は小幅続落ながら、高値圏で底堅い動き。24日、大引け後に海外本社「電通イージス・ネットワーク」傘下のイージス・メディア・チャイナを通して、中国でデジタル領域のフルサービスを提供しているデジタル・クリエーティブ・エージェンシー「TRIO」(トリオ社)を買収することを発表している。
 トリオ社が提供するデジタル空間におけるサービスの創造性や革新性は中国全土で高く評価されている。
 イージス・メディア・チャイナによるデジタル事業は、グローバルネットワークブランドのひとつであるIsobar(アイソバー)の中国拠点である「wwwins Isobar」と「OMP」という2つの事業ブランドで展開しており、市場におけるリーディングポジションを確立していることから今回の買収で中国での存在感が一段と高まることが期待される。

電通の株価は10時34分現在3790円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)