ケーエフシーが高値圏で頑強、トンネルの掘削の「FIT工法」への期待継続

 ケー・エフ・シー<3420.T>が3連騰、高値圏で頑強。山岳トンネルの掘削で問題になる切羽鏡の安定性などを高める山岳トンネルの補助工法「FIT工法」を評価し8月22日の安値565円を底に上昇基調が継続している。リニア中央新幹線は全体の86%が地下やトンネル内を走行することから、山岳トンネルの掘削工事における安全対策で同社の技術が威力を発揮することが期待されているようだ。

ケー・エフ・シーの株価は11時30分現在689円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)