ツムラが3日続伸、漢方薬特区構想の活発化を好感

 ツムラ<4540.T>が3日続伸。この日午後の日経速報ニュースで、「政府が設ける国家戦略特区で、漢方の産業化を促進させる産官学の動きが活発化してきた」と報じられたことから、医療用漢方薬の国内トップメーカーである同社にも恩恵が期待できるとの見方が台頭している。記事によると、自治体や幅広い業種の企業連合が、生薬の栽培拡大や漢方関連商品の開発、輸出拡大などを目指した計画を国に提案するとしており、国内の漢方薬市場の活性化などが期待されている。

ツムラの株価は14時21分現在2871円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)