アスカネットが高値更新後に値を消す、空中ディスプレイで人気継続も値の荒い動き

 アスカネット<2438.T>は一時前日比640円高の5440円まで買い進まれ年初来高値を更新したものの利益確定売りに押されマイナス圏に沈む。10月1日から5日まで「幕張メッセ」開催される「CEATEC JAPAN 2013」で、空中ディスプレイとセンサーを融合した、様々なシミュレーションを展示することから連日人気を集めているが、この日は、一時350円安の4450円まで売られており、急ピッチな上昇から値の荒い動きとなっている。また、この日は10月1日に、滋賀県大津市にびわこオペレーションセンターを開設することも発表している。葬儀用遺影写真のデジタル加工を行う拠点として、広島、幕張に次ぐ3か所目の開設となり、現在の2拠点体制に比べ、より強固な危機管理体制の構築が可能になることも注目される。

アスカネットの株価は14時48分現在4750円(▼50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)