【買い】桧家ホールディングス (1413) 不動産需要増加を追い風に、株価は上昇を継続する可能性 = フェアトレード 西村 剛

不動産需要増加を追い風に、株価は上昇を継続する可能性
■注目銘柄
桧家ホールディングス (1413)

■注目理由
同社は、関東を中心に木造住宅を施工している。消費税増税前の駆け込み需要が期待できる中で、同社へ投資家の注目が集まる可能性が高いと判断した。第2四半期決算では、売上高234.7億円(前年同期比+15.8%)、当期純利益4.6憶円(同-5.3%)となった。同社の事業特性上、第4四半期にもっとも売上が集中する傾向があり、株価は例年10月から3月の間に上昇しやすい傾向がある。過去のデータでは、10月買いの勝率は100%となっており、10月相場との相性は良好であることが確認できる。消費税増税前の駆け込み需要や、例年の株価推移を考慮すると、2013年の10月は株価上昇する可能性が高いと判断した。10月は同社株価動向に注目したい。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:100%
平均損益(率):11.85%
平均利益(率):11.85%
平均損失(率):0%
--------------------------------------