西華産が9月中間期業績予想を下方修正、大口取引先への受け渡し延期などが要因

 西華産業<8061.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績見通しを従来予想の売上高600億円、経常利益13億円から、売上高550億円(前年同期比16.6%減)、経常利益8億4000万円(同44.5%減)に下方修正した。受注環境が厳しい状況にあったことや、一部大口取引先への受け渡しが第3四半期以降へ延期となったことなどが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)