ゲンダイAGが4~9月期業績増額、営業利益8億8000万円に

 ゲンダイエージェンシー<2411.T>は25日、13年4~9月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の80億5000万円から86億円(前年同期は90億1400万円)に、営業利益は7億1000万円から8億8000万円(同9億2400万円)に増額している。大型案件獲得に向けた事前の広告提案活動が奏功した結果、パチンコホールの新規出店告知案件や、大規模改装案件の受注獲得が、当初予想を上回って推移した。また、一部遊技機メーカーからの受注を新たに獲得したことなどにより売上高が上乗せされた。利益面では広告事業でマージンが想定を超過したほか、デザイン業務の内製などでコスト削減を進めたことが寄与している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)