今夜は2つ!21時30分と23時にありますよ!重要な経済指標の発表が。

個人投資家の予想レンジ(ドル円)
98.15円(ボリンジャーバンド -1Q)~99.22円(ピポッド抵抗)

現在のレートは98.48(20:02)です。

今日の個人投資家予想レンジは絶妙なところになっていますね。
どちらかに動くというよりはレンジ内での小動きを皆さん、想定されているようです。
一つ目は「米・耐久財受注」
米・耐久財受注(前月比) とは
耐久財(耐久年数3年以上)への受注額で、速報として先立って発表され、特に非国防資本財受注は設備投資の先行指標として注目度が高い。
前回の結果は?
4月~6月の結果は回復傾向だったのですが、7月の結果(8月発表分)が予想よりも悪く【予想-4%】【結果-7.3%】となり、ドル円は-17銭の円高となりました。

当時の動きは画像をご参照ください。

23時には「米・新築住宅販売件数」
米・新築住宅販売件数 とは
景気変動に対して最も先行性が高いと言われる指標のひとつで、将来の住宅建設動向をみるもの。

景気が良くなると、皆さん新築の家が欲しくなりますよね?
その数値が毎月発表されます。

■前回変動幅:-13銭(pips)
■平均変動幅: 6銭(pips)

前回、非常にドル円が結果を受けて反応したことがわかりますね。

【予想:48.7万件】
【結果:39.4万件】

となり、9.3万件も少ないためドルが売られた格好になりました。

今回の予想は、若干回復して【42万件】です。

ドル円99円後半から98.50までじわじわ下がってきていますので
今夜の経済指標の結果によっては98円割れることもあるかもしれませんね。

新築住宅販売件数を受けてのみんなの予想は?
【上がる(円安)】58%
【下がる(円高)】42%

皆さん、予想よりも結果が良くて円安になる という気持ちですね。

但し、面白いところはこの経済指標、過去の予想勝率は16%です。ということは・・・円高かもしれませんね。