◆25日の米株式市場の概況 NYダウ5日続落、米財政問題に対する警戒感が継続

 25日の米株式市場はNYダウが5日続落し、前日比61.33ドル安の1万5273.26ドル、ナスダック総合指数は同7.15ポイント安の3761.10と続落して取引を終了した。引き続き米予算や連邦政府の債務上限問題に関する与野党の交渉が難航するとの見方から、先行き警戒感が強い展開。また、ブルームバーグが午後に、「世界最大の小売業であるウォルマート・ストアーズが在庫削減のために商品の発注を減らしている」と伝わったことで、個人所費の減速懸念も浮上し、株価の重しとなった。なお、8月の米新築住宅販売件数は42万1000件と市場予想の同42万件を上回ったが、市場の反応は限定的。出来高概算はニューヨーク市場が6億4127万株、ナスダック市場が17億6270万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)