アートスパークが続急騰、仕手化再現の展開に

 アートスパークホールディングス<3663.T>が続急伸。短期資金の攻勢が観測されるなかで中段もみ合いを一気に上放れたが、前日まで2日連続ストップ高の後、一段と買いに厚みが増している。業績はソフトウェアのライセンス収入拡大で前期の最終赤字から今期は脱却する見込みにある。8月初旬に連日のストップ高を交えて株価を倍化させた経緯があるが、マド埋め完了を経て急騰トレンド再現が意識されている。

アートスパークの株価は9時42分現在670円(△91円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)