ユナイテッド海の上げ足強まる、海運の中でも異彩放つ

 NSユナイテッド海運<9110.T>が全体下げ相場に逆行、一時23円高の272円まで買われる強さをみせている。同社は2010年10月に旧新和海運と日鉄海運が合併し誕生、新日鉄住金が筆頭株主となっている。鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船を主力としているが、ここにきて中国景気や欧州景気の減速懸念後退を受けた海運市況回復の流れがフォローウインドとなっている。前期実施した不採算船の解約による効果が今期発現、減速航海を徹底するなどのコスト努力も利益貢献し、業績回復色が強い。大口資金の継続買いに海運セクターの中でも異彩を放つ上げ足となっている。

ユナイテッド海の株価は10時17分現在269円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)