三菱自は堅調、SMBC日興証は「NR」でカバレッジを開始

 三菱自動車工業<7211.T>が堅調。SMBC日興証券は25日付リポートで投資判断を「NR(ノーレーティング)」で新規カバレッジを開始した。
 リポートでは「当証券では、14年3月期の営業利益を前期比48%増の1000億円と予想。主力であるタイの販売は、会社計画を下回る可能性が高まりつつある一方、国内では、日産自動車向けのOEMを含む軽自動車販売が好調な点に加え、14年3月期第1四半期実績を含めた為替影響、資材費低減やコスト抑制などにより、会社計画は達成しよう。ただし、投資判断、目標株価については算定が難しいため、設定しない」としている。

三菱自の株価は11時15分現在1092円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)