東急建が6日ぶり反発、リバウンド狙いの買いが流入

 東急建設<1720.T>が6日ぶりに反発。株価は一時、前日比65円高の595円まで上昇している。東京五輪決定による建設株人気で、株価は6日終値240円から18日高値800円まで3.3倍に急騰。その後、利益確定売りに押され25日には一時529円まで値を下げた。ただ、上昇幅に対して半値押し近辺の水準まで値を下げたことから、下値にはリバウンド狙いの買いが流入している。株価は600円へ接近場面では戻り売りが出ており、本格反騰には一段のエネルギーが必要とみられている。

東急建の株価は13時1分現在585円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)