郵船など海運株が軒並み高、バルチック指数急伸を材料視

 日本郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>など海運株が後場一段高に買われている。このうち郵船は連日の新高値に買われた。中国経済の不透明感が後退していることで海運市況回復期待が高まっているほか、足もと円安傾向にある為替動向も味方につけている。海運株は13時現在、業種別上昇率で断トツとなっている。鉄鉱石や石炭、穀物などを輸送するばら積み船市況を指数化したバルチック海運指数は上昇指向を強め、25日は前日比106ポイントの急伸で1年11カ月ぶりの高値水準にある。これが短期筋の物色意欲をかきたてている。

郵船の株価は13時23分現在331円(△9円)
商船三井の株価は13時23分現在463円(△11円)
川崎汽の株価は13時23分現在237円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)