コスモバイオがS高カイ気配、日本人ノーベル賞候補者に関連した思惑働く

 コスモ・バイオ<3386.T>がストップ高カイ気配。きょう付の日本経済新聞で、米調査会社トムソン・ロイターの発表として、日本人のノーベル賞候補者として、生理学・医学賞に東京工業大学の大隅良典特任教授と東京大学の水島昇教授、物理学賞に東工大の細野秀雄教授の3人を追加したと報じている。そのうち、大隅氏は細胞内で不要なたんぱく質を除去する「オートファジー」(自食作用)の仕組みを酵母で解明。また、大隅氏の研究室に在籍していた水島氏は、関係する遺伝子を光らせてオートファジーがどこで起きているかがリアルタイムで分かるマウスを作ったとしており、オートファジー技術を用いた関連試薬を手掛ける同社に思惑的な買いが入っているようだ。

コスモバイオの株価は13時33分現在2852円(△500円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)