東京計器が上昇加速、ジャイロコンパス技術に着目

 東京計器<7721.T>の上値追いが加速している。前日に08年4月以来の300円台乗せを達成、その後は目先達成感から売られたが下値には買いが厚く、きょうも300円を挟んでの攻防となっている。同社は航海・航空計器の大手で防衛省抜けに高実績を誇り、有事の防衛関連株の一角に位置付けられている。また、船舶搭載用の方位計であるジャイロコンパスの開発製造で業界をリードするが、「この技術がトンネル掘削機を正しい位置に誘導する方位検出装置として新たな需要が見込める」(市場関係者)という指摘が、リニア新幹線や公共投資関連の切り口で新たな買いの手掛かりとなっているようだ。

東京計器の株価は13時55分現在297円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)