三菱重は底堅い、米マイアミ空港のAPMシステム輸送力増強工事を受注

 三菱重工業<7011.T>が底堅い。同社は26日に、同社傘下の米国三菱重工業がマイアミ国際空港向けに全自動無人運転車両システム(APM)の追加車両4両を含む輸送力増強工事を受注したと発表した。納入は16年の予定。この路線は08年に受注し、11年に開業している。空港(MIA駅)と複合交通ターミナル(MIC駅)の間約2キロメートルを結んでおり、米国三菱重工業が開業から5年間の運行・保守を請け負っている。今回受注した4両は、現在運行中の車両と同型。同社は今年、シンガポールでAPMの2両連結化を中心とする新交通システム輸送力増強工事を受注、今回の受注をさらなる弾みとして新規路線だけでなく既存路線の拡張・輸送力増強ニーズも掘り起こしており、今後の案件獲得が期待できるようだ。

三菱重工の株価は14時14分現在579円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)