日軽金HDが高い、業績変化際立ち新素材も材料視

 日本軽金属ホールディングス<5703.T>が高い。年初から一貫した下値切り上げ波動をみせていたが、ここにきて低位株物色の流れに乗り一段と上げ足を強めている。今9月期営業利益は最終利益が前期比約倍増となる65億円予想。アルミ地金がスクラップ価格上昇の恩恵を受けているほか、断熱パネルも伸びており業績変化率の大きさが際立つ。アルミの中でも最高水準の強度を持つ新素材の開発に成功しており、航空機向けなどに今後高い需要が見込まれる。

日軽金HDの株価は14時54分現在160円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)