玉井商は急伸、株価低位のTPP関連として買い加速

 玉井商船<9127.T>が急伸し一時ストップ高まで買われ新高値。ここ株価が低位の銘柄が人気となっているが、同社株も100円台で手掛けやすいことから個人の買いが殺到。同社は北南米の穀物輸送に強みを持っており、TPP関連としての側面も材料視されているようだ。業績については14年3月期第2四半期累計予想で、最終利益を3億9000万円から5億3000万円に上方修正を行っていたが、通期の業績予想も同額の5億3000万円(前期は3200万円の赤字)であることから、保守的でさらなる上振れも期待できそうだ。

玉井商の株価は14時53分現在157円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)