【買い】正栄食品工業 (8079) 前日に引き続き、買い優勢の展開で推移する期待が持てる = フェアトレード 田村 祐一

前日に引き続き、買い優勢の展開で推移する期待が持てる
2013年9月27日11時48分追記

前場の同社株価は、前日比2.69%高の838円で引けました。
本日も26日と同様に、買い優勢の展開が続いています。

出来高を伴いながら株価上昇している点を考慮すると、
後場は、さらなる株価上昇が期待できるのではないでしょうか。

■注目銘柄
正栄食品工業 (8079)

■注目理由
同社は、食品専門商社です。乳製品や油脂類が主力です。10月決算企業です。同社は、今期過去最高益を見込んでおり、第3四半期時点で、営業利益の進捗率は約93%となっており、今期予想は達成する可能性が高いと判断しました。今期は、創業110周年と言うこともあるために、記念配当も上乗せされる期待も持てることから、好材料が揃っていると考えます。

26日の株価は、前日比2.51%高の816円で引けました。終日買い優勢の展開が続き、高値引けしています。連日年初来高値を更新し続けていますが、依然株価水準は、PER9.0倍と割安感が漂う水準です。前日同様順張り戦略で、買いスタンスで臨みたいと考えます。27日は、前日と同様に株価上昇を期待して、株価動向に注目したいと考えます。

なお、10月末に権利が確定する優待では、お菓子の詰め合わせ等がもらえるようです。同社は、優待銘柄としても知られており、個人投資家の方に人気の銘柄です。10月は優待権利が確定する銘柄が少ないため、優待を目的とした買いが同社へ集まる期待も持てるのではないでしょうか。