洋埠頭が安い、第2四半期業績の減額修正を嫌気

 東洋埠頭<9351.T>が安い。26日、2014年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績予想の減額修正を発表したことが嫌気されている。同期の純利益は従来予想の5億9000万円から3億4000万円(前年同期比9.8%減)に下方修正された。荷動きの回復の遅れが業績下方修正の要因となった。同社は東京湾岸に土地を持つ含み資産株として人気を集めてきただけに、利益確定売りが出ている。ただ、14年3月通期は荷動きの回復を見込み従来予想を据え置かれており、300円割れの水準では下値を拾う動きも出ている。

洋埠頭の株価は9時14分現在301円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)