センコーはしっかり、70億円の海外CB発行の影響限定的

 センコー<9069.T>はしっかり。26日にスイスを中心とする欧州市場で70億円の転換社債(CB)型新株予約権付社債を発行すると発表。1株当たり利益の希薄化が懸念されたが、株価の反応は限定的で底堅く推移している。同CBの転換価格は前日終値を23.96%上回る626円で決まった。潜在株式による希薄化率は8.67%となる。満期は2018年10月15日の5年債。調達資金は、愛知県の小牧2PDセンターの建設資金などに充てる。株価は連結PBRで1倍前後、配当利回りは約2.7%の水準にあり下値不安は乏しいともみられている。

センコーの株価は10時37分現在507円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)